3・2・1→Shiny Smile!

アクセスカウンタ

zoom RSS アイマス、『アイカツ!』の新作関連などについて改めて考えてみる。

<<   作成日時 : 2013/07/21 11:39   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

みゆ「なんなのこのタイトル!?」
健太「今回は現在はまっているアイドル関連のタイトルについてちょっと考えてみようと思うっス。」
敬太「なんか急だな…。」
健太「ここのところ、更新も減っている中でも何かしらの考えは述べておこうかなって。」
敬太「……。」
健太「さて、まずはらいとが現在本格的にはまっているアイドル関連のタイトルをちょっとおさらいしておくと、ここのメインである『アイドルマスター』、『ラブライブ!』、『アイカツ!』の3つだけど、『ラブライブ!』については今のところはあまり語るべき点もそこまで無いので、今回は『アイドルマスター』と『アイカツ!』をメインに語ろうかと思うっス。まあ、『ラブライブ!』関連をちょっとだけ語るなら…。」
みゆ「?」
健太「恩をあだで返されるとは、まさにこのことを指すのかな、と。」
みゆ「どう考えてもスクフェスのことだね…。」
健太「話を戻して、『アイドルマスター』と『アイカツ!』に関しては主に家庭用ゲームに関する話になるけど、『アイカツ!』関連は任天堂関連の機種に任せても大丈夫かなと。」
みゆ「どういうこと?」
健太「『任天堂関連の機種に関しては対象年齢的な意味で『アイカツ!』に任せるという手法について語る。』でも述べたとおり、『アイドルマスター』と『アイカツ!』についてはアイドルの性質と本来の年齢対象は全然違うものの、同じバンダイナムコ関連のアイドル関連のタイトルっスからね。また、ここ最近の3DSについてはというと、『とびだせ どうぶつの森』などで親子や女児といった『アイカツ!』の本来の年齢対象のユーザー層が増えたことを考えると、任天堂関連の機種に関しては対象年齢的な意味で『アイカツ!』に任せるという手法が取れるのではないかと。」
敬太「3DSの『アイカツ!』といえば、続編の情報も出たみたいだな。」
みゆ「となると、アイマス関連はPS関連で出続けるの?」
健太「そのあたりはなんとも。ただ、劇場版の情報が出ているので、PS3でアニマスのブルーレイの特典ソフトであるG4Uを付けた劇場版のハイブリットディスクのようなやり方もできるかなと思うっスね。今年PS4が出るという話はあるけど、まだまだPS3でもソフトが出続けるっスからね。」
みゆ「じゃあ、純粋な新作は?」
健太「どうなんだろう。ソーシャルに関してだけ今は順調ではあるものの、そろそろ限界が来てしまってもあまり差し支えはないかと。となると業務用と家庭用だけど、家庭用の任天堂関連の機種に関しては先述したとおり『アイカツ!』に任せるという考えもできるっスからね。もちろん、3DSあたりでアイマスの新作が出る可能性も十分あるので、全く出ないというわけではないと思うっスけどね。」
みゆ「ほむ。」
健太「まあ、個人的にはPSVitaのアイマス新作を来年春に出して、同じPSVitaで出る『ラブライブ!』と激突するというのも面白そうっスけど。」
みゆ「……。」
健太「ただ、新作が出るのはいいにしても、賛否両論が起こるのは否定できなさそうっスね。特にアイマスに関しては。」
みゆ「どういうこと?」
健太「言うまでもなく、アイマスCGとアイマスMLIでアイドルが増えすぎたっスからね。どのアイドルを起用しても賛否両論が起こるのは否定はできない。このあたりを公式が下手に調理してしまうと、例の事件を再来させる原因になりかねないっスからね。」
敬太「アイドルが増え過ぎてどれをチョイスするかが難しくなった、ってことだな。」
健太「かといって、765プロのまま進んでもマンネリ化は避けられないので、例の事件はある意味必要悪だったとも思えそうっスけどね。」
みゆ「必要悪、って…。」
健太「ちなみに、『アイカツ!』に関しては2期で新キャラは出るかもしれないっスけど、今のところメインキャラ続投の話があるので、こちらも調理をミスったらマンネリ化しそうかも。ただ、『アイカツ!』に関してはまだ1年もたっていないのでマンネリ化に関しては今のところそこまでの心配は無いと思うっスけど…。」
敬太「いろいろ新要素を入れ過ぎて賛否両論を生み出すか、マンネリ化してしまうか…そのあたりは難しいところだな。」
健太「アイマスの話にちょっと戻すけど、資金自体はソーシャル効果で結構あると思うので、それを利用して家庭用や業務用新作も出来なくはないだろうけど、ここでも何度も取り上げている通り、今のバンナムにそこまでの人がいないので仮に新作が出るとしても、クオリティは厳しいものになるかと。先述した賛否両論の件と合わせてね。」
みゆ「そろそろまとめをお願いするね。」
健太「アイマスの場合は機種関係なく新作が生まれたとしても、いろいろ厳しいことになるのは間違いないだろうけど、新作の情報が出ればなんだかんだで盛り上がるので、新作を生み出す際は例の事件を再来させない程度に頑張っていただけたらと思うっスね。『アイカツ!』に関してはまだそろそろ1年経過するけど、2期以降で下手に展開してしまい本来のユーザーが離れてしまわないよう努力していただけたらと思うっスね。」
敬太「そうだな。」
健太「まあ、『アイカツ!』のひえひえアイスバーに関してはらいとの地元では買うことが出来るとはいえ、流石にちょっと…とは思うっスけど。」
みゆ「……。」
健太「以上で、今回の話を終える。」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アイマス、『アイカツ!』の新作関連などについて改めて考えてみる。 3・2・1→Shiny Smile!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる